<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
山の真上と真下

「お元気ですか?
最近、落ち込んでるように見えるので。」
と、給湯室で声をかけられる。
やさしいな、結婚してくれないかな。笑
彼の “菩薩” 具合が羨ましい。笑
峠は越えたのか、そんなこんなの一週間、
無事に終わろうとしている。
みなの存在に感謝。
また来週、元気に会おう。
0
    声惚れ

    謎の体調不良の理由が判明した本日、

    歩いてるとき「昨日、大変だったね」って

    やさしい声で電話してる人が後ろから近づいてきて

    ちょっと気になって振り返ってみたら

    それはそれは素敵なサラリーマンで

    ジブンに言われているのかと錯覚してしまった。笑

    私の人差し指はついにワニの鱗のようになった。

    腫れがひかないから、よく曲がらない。。。

    それでウクレレを弾いたら想像通りの展開になった。

    元気でいないと気持ちまで滅入ってくるね。

    さて、やっと金曜日。

    0
      しんこきゅう

      知らなかったのだが、

      芝大神宮は「縁結び」でも有名らしい。

      確かにたまに挙式をやっているのを見かける。

      心ザラツキ気味、珍しくおみくじに手を伸ばす。

      どれもこれもビミョーなことが書かれているが、

      「良い人だが危ない」これは見落とせない。

      危ないのならやめておきましょう。。。

      とはいえ、おみくじって当たる当たらないじゃなく

      戒めのような忠告のようなものだよね。

      厳かな空気を吸ったら、

      ざらついた気持ちもスッと軽くなったような。

      今年もあっという間に11ヶ月が過ぎた。

      日々「感謝」を持って過ごしたい。

      誰にでも平等に明日は明日の風が吹くもんね。

      こんな時こそ、人にやさしく、ね。

      0
        あ、そうですか。

        息の詰まる一日は果てしない・・・

        嘘を重ねるひとってほんっと嫌。

        どういうつもりなんだろう。

        いつも私には理解できない。

        誠実なひととのみ築ける関係ってあると思う。

        そういえば、会社の若い子が

        昨日会社帰りにディズニーに行ったと言っていた。

        いいな、若いって。

        会社帰りに、飛ぶか。

        いっそのこと、嘘ついて、飛ぶか。笑

        まだ火曜日か・・・。

        0
          これからがいい季節

          金曜休みの三連休明けの週はつらい。

          職場の環境が激変して毎日息が詰まる( ̄Д ̄)

          この変化を知らない人たちは幸せだ。

          おかげなのかなんなのか

          指先の不調が長引いている。

          なんとか気分を上げよう。

          夜景が綺麗に見える季節になってきた。

          ここはやはり函館か。

          函館山に付き合ってくれる

          やさしいひと募集しよっと。笑

          泊まってみたい宿に行くのに、

          ペーパー教習↑が必要かとも思ったが

          それもお任せできるひと探そう。笑

          昨晩うなされた悪夢が若干のトラウマだが

          変なこと言ってないでそろそろ寝よう。

          Xファイルなんてみてるからだな。。。

          0
            お月様がキレイだよ。
            0
              海容

              夜中、パキッて音で目が覚めたと思ったら、

              かけてたメガネが壊れた・・・・・

              はぁ〜、最近ついてないわ。

              『アイシテル海容』ってドラマを見始めたら

              止まらなくなってしまった。

              板谷由夏の演技の上手さと

              稲森いずみの切ない表情に

              こっちまで泣けてくる。

              ごく普通の家庭の小学生の息子が殺された、

              その犯人がエリート一家の小学生の息子だった。

              被害者のお姉ちゃんはお姉ちゃんで

              自分は愛されてないって孤独に陥っている。

              元々破綻していた家族と、

              破滅に向かっていく家族のそれぞれの再生の話。

              いい母親って何だろう。

              ありふれた幸せって何だろう。

              家族って何だろう。

              子どものこと、誰よりも分かっているようで

              意外と見えていないのが親。

              親のこと、何も考えていないように思えて

              本当は色んな思いを馳せているのが子。

              どんな間柄でも、体裁だけの言葉じゃなく、

              ちゃんと心で対話しないとね。

              しかしこの二人の母親役を演じるのは

              相当辛かったろうな・・・。

              田中美佐子も本当にいい役者さん。

              そして「母親」になってみないとわからない、

              わからないことだらけのドラマでもあった。

              さて月末、がんばろう〜。

              0