<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
いたい
平和に終わりかけていた帰り際にいらつく。
感覚が合わないってキツイよね。
今さら合わそうとも思わないけどさ。
別に仕事以外で関わるわけじゃないし。
イタイ大人にはなりたくない。
最近、イライラするときは
その場を離れるって技を身につけた。
自分を守るために、避難するのよ。
てな感じでイライラしてたら火傷した。
水ぶくれが、、、
そして毎日暇だ。
暇すぎる。
彼氏つくろう。
求められるうちが華だ。
とりあえず寿司が食べたい。
0
    よねさん
    今、プライムビデオで
    よねくらりょうこの出ていた回の
    グータンヌーボ観てるんだけど、
    「いつが一番モテたの?」と聞かれて
    「今!」って答えてる32歳のよねさん。
    いいなー。
    よねくらりょうこになりたいわー。
    32歳の女、最強説ね。
    でも年齢重ねるほど、綺麗になるね。
    今の方が全然綺麗だと思うわ。
    32歳になるアタイ。
    今年はモテ期らしいよ。
    でもさっき、鏡で顔をじっくり見たらさ、
    ブツブツだらけで肌終わってて引いた。
    「女々しい男はやさしくない」
    砂羽さん、勉強になります。
    0
      オンナは強い

      ようやく美容院に行けた。

      髪の毛の状態って、気持ちに影響を与える

      と思うのは私だけだろうか。

      やっと新年爽快な気持ちになれた。笑

      担当美容師さんと遺伝子の話で盛り上がる。

      白髪や薄毛の原因の5割は遺伝によるもの、

      カラー・パーマのダメージが2、3割。

      頭皮を土壌に例えての不作になるまでの話。笑

      「親が薄毛で、なおかつカラーパーマを

       頻繁に繰り返していると、いずれ不作になる」

      ふたりで大爆笑だった。

      ちなみに白髪を一本抜くと、三本に増えるらしい。

      そこから、母親の遺伝子はものすごく強いって話に。

      優秀な子どもは、能力の優れた母親からしか生まれない。

      つまり、優秀な旦那を選ぶことにあまり意味はない。

      数学と音楽の才能も親の遺伝子による。

      音痴な両親からMISIAは生まれないってこと。

      ただし8割程度の確率論の話なので、

      2割程は突然変異という可能性もある。

      もし3人の子どもが理系に進んだとしたら、

      自分は文系だと思って生きてきたとしても

      実は理系の方が強いってこと。などなど。

      「おもしろーーい!」「遺伝子すごーい!」

      連発していた脳みそフワフワなアタイ。

      この方、ものすごく賢い人だろうなぁ、と思った。

      というかものすごい優秀な人だというのを

      何かの記事で読んだことがある。

      技術が求められる美容師の世界でも

      やっぱりその世界のトップに君臨するには、

      ものすごい量の勉強が必要なんだと思う。

      「腕がいい」だけでは生き残れない。

      結局どの世界でも、「すごいね」と言われる人は

      やっぱりみんな勉強家で努力家なんだよね。

      美容師さんと話すと毎度のこと

      「あたし、何やってんだかなぁ」と

      凹むんだよね〜。笑

      みな好きでその仕事をやっている人たちだから

      キラキラしていて眩しくって。

      しかも、絶対に人を幸せにする職業でしょ?

      人を笑顔にできて、かつキレイにもできる仕事って

      世の中探しても、そうそうないものね。

      「人の笑顔がみたくてやる」究極の仕事だと思う。

      キレイで可愛いのにサバサバしていて知識豊富。

      これから年を重ねていくうえで増えていく髪の悩み、

      完全に彼女に委ねたいと思える素敵な美容師さん。

      今回もありがとうございました。

      さて、三連休。

      新年会以外の予定がなくなった。

      引きこもってのんびりやりたい作業をしよう。

      とか言って寝て終わったりして。

      0
        2019

        本厄だと思っていたら、どうやら違ったみたい。

        さっきパソコンに張り付いて作業しながら

        ふと回想が始まり、ツーっと涙が・・・

        きっとやさしいなみだでしょう。

        『好きだなんて言えない』をつい口ずさんでしまう。

        Fayray中学生のころ大好きでよく聴いてたなぁ。

        カラオケでよく歌っていた。

        『tears』もいいよね〜。

        突然に小柳ゆきの『be alive』とか聴きたくなる。

        あらゆる気持ちを飲み込むことが多かった昨年。

        がまんすることの苦しさも知った。

        誰にもしゃべらなかったし、

        自分で解決の糸口を見つけたかった。

        見つかるはずもないのに。

        明かりの見えないトンネルは

        長すぎて、さすがに最後は疲れてしまった。

        人を傷付ける場面も多かったし、

        自分の気持ちを抑え込むことで

        日々を丁寧に生きられなかったように思う。

        いつもイライラしていたし、

        素直にたのしいって思えなくなっていた。

        おなか抱えて笑うことも少なかったんじゃないかな。

        言うなら、人間いやだわ、と思ってばかりだった。笑

        なんてやなやつ〜と辟易するわ。

        なんか一気に老けた気がするのよね、心が。

        いかん、いかん。

        もう去年のことは一切合切忘れ去って

        今年は、自分の気持ちに正直に、

        直感を信じて生きられたらいいなと思う。

        百冊の本を読むより、本気の恋を、、、か。

        その時間を共に生きる人の

        人生のほんの一部にでも色を添えられたらいいよね。

        それが美しいものかどうか、いいとか悪いとか

        周りの目に影響されることなく、

        30代を純粋にたのしみたい、と思っております。

        0