<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< “つもり”が生んだ悲劇 | main | イケメンカムオン >>
おたがいさま

平成最後の決算期。
ここに来て通い合わない想いたち。
もうダメなのかな、と思い始めている。
かれこれ二月くらいからずーっと揉めている。
「私が?」ってお互いが思い始めたら
モノゴトは上手くいかなくなる。
お互いを大事に思い合えなくなったら、
「なんで私が?」って歪みが生まれてくる。
疑ったり、言葉の裏を読んだり、
隠し事をしたり、嘘をついたり、
わざとイヤな態度をとってみたり、
やめてって言うこともやめなかったり、
無視したり、一方的にシャットダウンしてみたり。
何もかもお互い様だと思う。
私だけの、あなただけの言動に
問題があるわけではない。
何も生まないこの言葉が私は大っ嫌いだが、
「しょうがない」んだろうか?
私が大事に、大事にしてきた想い。
伝わることがないのであれば、しょうがない。
通い合わないのなら、しょうがない。
思いやれないのなら、しょうがない。
不毛なんだろうな、と思う。
どうせ離れることになるのなら、
本音を言うのもアリ。
でも、もうそんなことを言う雰囲気もない。
悲しいけれど、もう苦しい。
これ以上、傷つけるのもイヤだ。
互いにものすごいストレスを感じてると思う。
「存在がイヤなの?」って言われて、
その言葉の真意をずっと考えている。
これまでのことはなんだったんだろう。
いろんな思い出も、いろんな想いも、
全部“無”になってしまったようだ。
このブログを明かしたいところだわ笑
モドカシイ気持ちも綴ってきたけれど
それも含めて、すべて私の正直な想い。
素直に言えたらいいけど、
言えないことの方が本当は多い。
そして封印する私の想い。
お互い傷つかないために必要なことかもしれない。
私もこれ以上傷つきたくない。
悲しい思いもしたくない。
嘘もつかれたくないし、疑いたくもない。
いい人って記憶のままで離れたい。
離れればもう会うこともないのかな、とか
もうここに書くこともないのかな、とか。
どうなってしまうんだろう。
一週間前に書いた大好きな人のはなし。
もし、何もかもが終わったら、
このブログも終わります。
あたたかくて、愛の言葉を残したくて
言えない想いを綴りたくて始めたので。
それができなくなれば、意味をなさないのです。
私は今でもあなたをやさしい人間だと思っているし
嫌いになることもないとは思う。
ただ、お互いに思いやりが持てなければ、
この先もぶつかることはなくならない。
私だけの、あなただけの問題ではない。
二人の、お互いに抱えている問題だ。
それをどちらか一方のせいにするのは
おかしな話だ。
0