<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おはよう | main | 暇すぎて >>
魅力の入り口

帰ってきて、食事をとって
深い眠りについた…笑
最近、食べるものが変わってきた。
年ってのもあるのかもしれないけれど、
食べたいもの、よりも
食べたほうがいいもの、の摂取の
比重が大きくなってきたというか。
夜の炭水化物は取らないようにしてみよう、とか
間食は控えて、胃を休める時間を作ろう、とかね。
今までが自堕落すぎたのか。笑
それにしても口内炎が至る所にできていて、
何もしていなくても口の中が痛い。
(装置が当たるせい)
お店の人の感じが悪いと
二度と行くもんか、と思うものだが
悔しいがまた食べたくなる味、ってあるよね。
そんな味を求めて、珍しく外でランチとかしてみた。
やはり味は確かであった。
美味しいのに、もったいない。
これって、うちの会社も同じだよなぁと思った。
私は間接部門だし、関わると面倒くさいから、
どうぞそちらはそちらでよろしくやって下さい
って感じだが、もったいなさ、半端じゃない。
みなもたぶん、そっとしておいて欲しい、
って気持ちは同じなのかもしれない。笑
面倒が増えるのは嫌だからね。
入った時からずっと言われていたことだけど、
親の躾の重要性をこんなにも感じる場所はない。
それでいて、社外においては
会社内での躾が問われるんだよね。
仕事の質も大事だが、
それをどんな人がどういう気持ちで
やっているかも大事。
味も大事だが、その味を生む人自体も大事。
あの店の亭主は、最悪な印象だが、
たぶんあの味やコーヒーのミルクひとつとっても
実は愛情深い人なんじゃないかと思ってしまう。
気持ちが満たされるから。
だからもったいないんだよなー!
また行くけど。笑
新しい魅力の「入り口」を見つけた気がする。笑
0