<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
逢いたい時に、

あなたはいない。
0
    元気を出して

    人生はあなたが思うほど悪くない
    早く元気出して その笑顔を見せて
    0
      明日はきっといい日になる

       

      弦楽器(?)をまともに手にして5ヶ月弱、

      16ビートをジャカジャカできるまでになった。

       

      いつか一緒に弾いてみたいな〜なんて烏滸がましい事思って

      密かに始めて、想いの外ハマってしまった。

       

      左の人差し指の皮は硬くなり、右手の爪はボロボロに。

      それくらい楽しくて、気づくと毎日手にしている。

       

      大切な人の大切な人、

      その周りで支える人たちにとっても

      悲しみは突然の雨のようだったと思う。

       

      でも

      『降られて 踏まれて 地は固まる

       そこに日がさせば 虹が出る』

       

      いつでも前向きな彼らに、

      私の方がいつも勇気と元気をもらっている。

       

      なんで毎日あんなに明るくいられるのか・・・

      でも、いつもどこか頭の片隅や心の端っこには

      悲しみや苦しみが存在しているのかもしれない。

       

      私にできる事は何も無いに等しいのかもしれないが

      笑い合って いい日にしたいし、

      今日よりずっと いい日にしたい。

       

      私にとっても『君が笑えば いい日になる』のだから。

       

      『明日はきっといい日になる』 −高橋優

      0
        創造を想像する

        生まれてから20年弱を生まれた家族の元で過ごし、

        進学や就職で親元を離れる。

        一度家を出てしまうと、元の場所に戻ることは

        余程のことがない限りないんじゃないかと思う。

        少なくとも私はないかな。

        余程のことがない限り・・・・

        そうこうしているうちに、

        今度は自分で新しい家族を持つことになる。

        そうやってどんどん変わっていく家族のカタチ。

        新しく築き上げていくもの・・・

        自分が創造する“家族”ってどんなんだろうと

        想像するのもまた楽しみだったりする今日この頃。

        0
          いつもので?

          月に一度は訪れないと気が済まない。
          滞在時間はいつも大体30分。
          「いつものですか?」と声をかけられる。
          窓際のこの席での思い出は尽きない。
          人々の行き交う姿を見ながら
          聞こえてくる会話はいつも心地よく、
          悲しみを半減してくれる味でもある。
          話すわけじゃないのに、分かってくれる
          そういう温かい人のような存在なのか。
          何かあると、いつもここにくる。
          話すわけじゃないけど、気持ちが軽くなり
          軽い足取りで、扉を開ける。
          また新しい日々がここから始まる。
          0
            赤いカーネーション

            二子玉川に買い物に出かけると

            買い物袋からカーネーションが顔を覗かせている。

            なぜ母の日に、赤いカーネーションなのか。

            販促のために作られたという“ 土用丑の日”や

            バレンタインチョコのようなものなのか。

            もともとアメリカの文化のようで、

            アンナという母想いの女の子が母の葬儀で

            母の大好きだった白いカーネーションを

            贈ったのが始まりなんだとか。

            葬儀のあとに行った追悼式で

            みんなが母親を亡くしているわけでない

            ということから、アンナの提案で、

            母を亡くしている人は白を、存命の人は赤を

            胸に飾りましょうということになったそうなのだ。

            意味のあるものでよかった。

            カーネーションを買わなかったので、写真はなし。

            0
              深夜の渋谷で

              福岡から友人がこちらへ出てきていて、

              夜に会う予定になっていた。

              連絡が来るまで待っている間に寝てしまい、

              結局家を出たのは23時過ぎになってしまった。

              お互い年はとったけど、元気そうでよかった。

              大きな問題に直面したとき、

              自分ならどうやって解決に導くのだろう。

              明るく前向きにいられるのだろうか。

              平和とか幸せとか常々考えてしまうけど、

              最終的に「元気でいる」

              それに尽き、全ての出発点でもあるのかなと思う。

              周りの大切な人たちにもそうであって欲しいと思う。

              また近々必ず会おうと約束して別れた。

              月の丸い、やさしい夜だった。

              0